FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
こんにちは!

きょうはなんだか、締め切りを破った漫画家の気分。……小説家でもいいけど。

というのも、創作活動が先週からまるで前に進んじゃいないからです。\(>o<)/

うおおーん! なぜじゃ、なぜなんじゃー!!

先週も書いたとおり、制作に使える時間は増えてきているのに、なにを作るか?がまだ決まってないので、制作に取り掛かれない状況が続いているんですよね。つまり、指をくわえているつっ立っている状況です。ぐむむ。

とはいえ、なにを作るか?は、踏ん張れば決まるものではないし、逆になにを作るか?を決めるためになにを作るか?を決めてしまうのは、作者としての魂を売ってしまうようなものなので、それはどうしても避けたいと。

あぐあぐ。と、言うわけでですね。きょうの創作講座はこういった時に対処方法をぼくという被験体を使って考えていこうかと思っています。

イッツ、マッドサイエンス!\(^o^)/

<作者狂乱を乗り切る>



まず、あせるのは禁物です。あせってモノを作っていいことありませんでした。

創作物というものは作者を映す鏡でもあるので、作者にものの考えがなければ、それはものの考えのない作品ができてしまうわけですよ。

ぼく自身、作品はきちっとしたものを作りたいタイプなので、そこが揺らいじゃったらもうあれだ。死ぬしかない。包丁で首をグササー!って刺して、最後に血の花を咲かせてやる気分ですよ。

でも、死ぬ気になっても物事を良い方向に動かせないのだから、こーゆーときは逆に肩の力を抜いて、ゆったりと構えるしかない。

作者の葛藤といえば、常にこういったもので、作者になったからにはこういったものからはもう逃れられないと思うべきで、締め切りがギリギリと首を絞めるなら、脱兎のごとくスポーン!と抜け出す術を見つけなければいけないのだとぼくは思うのです。

まずはお茶でも淹れてみる。そんで飲んでみる。なるべくリラックスして考えてみる。すると次第に問題の本質が見えてくるはず。

ええっと……現段階では手を動かしても、頭を動かしてもドツボにハマるだけなので、ゆるゆると気長に構えることにします。

あと、ちょっと締め切りというプレッシャーが強すぎたみたいなので、もうちょっとお時間を頂ければ!と。

なるほど。問題は解決したし、ぼくも冥府の土を踏まずに済んだ。
関連記事


ゲーム制作 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。